プログラム著作権侵害で裁判に訴えています。
被告は、屁理屈を述べて、違法行為でないことを主張しています。
そして、あろうことか、偽物プログラムまで提出して、罪を免れようとするありさまです。
CopyrightStory」では、裁判に提出された資料などを元に、被告及び原告が主張している内容を発信しています。
その内容を見て頂き、リツイートコメント応援してけください。
無法なことをする被告の様な犯罪者がいることを、世の中に知って頂き、犯罪の抑制になればと思います。

応援してほしい人たち

システムエンジニア または システムエンジニアを目指している方に、応援して頂きたい。
将来、著作者になり得るシステムエンジニアの方に、著作権のこと、著作権侵害をされたときに、どの様に対処したら良いのか参考にしていただければと思います。逆に著作権侵害者にならない為の知識としても参考になるのではと思います。

応援の方法

Twitterでは、引用リツイート
YouTubeでは、コメントをください。
みなさまの感想やアドバイスをお願いします。「頑張って下さい」でも励みになります。
みなさまの意見をエネルギーに戦ってまいります。
発信してる内容は、行為について発信しています。誰かを指していませんので、リツイートしても、名誉棄損、誹謗中傷に当たらないと思います。心配でしたらお控えください。
様々な意見を受け入れたいと思いますが、単なる誹謗中傷は止めてください。現在、裁判中です。隣には弁護士がいることをお忘れなく。

応援していただいた方へのお礼

勝訴した暁には、賠償金の一部でお礼を考えています。
例えば、総額100万円とした場合、10万円を10名の方に または 1万円を100名の方に、アドバイス料としてお支払いします。
多数の場合は、抽選にさせて頂きます。
応援していただいた方の抽出は、引用リツイートの一覧やコメントの一覧から抜き出します。「いいね」や「ハート」が付いていれば対象と思ってください。
総額については、勝訴の内容によって、独断で決めさせていただきます。
アドバイス料(費用)として、受け取って頂きますので、領収書を発行して頂きます。領収書として有効であれば簡単なものでも良いです。

満額で勝訴した場合の金額

訴訟物の価格 金1億2245万2000円 
遅延損害金(遅延利息) 年5分(年5%分)
  令和元年12月4日 122452000 (起点)
  令和2年12月4日 122452000×1.05 = 128574600
  令和3年12月4日 128574600×1.05 = 135003330
  令和4年12月4日 135003330×1.05 = 141753496
  令和5年1月3日 141753496+141753496×0.05×(27+30)÷365 =¥142,934,776
令和5年1月30日の合計損害額は、¥1億42934776