答弁書の概要
原告のプログラムは創作性がなく著作物でない
コピーしたことは認めるが黙秘の許諾があった
コピーしたが許容される範囲で侵害に当たらない。
などとして争う